同じクラスの女子二人に、露天風呂で手コキとフェラされた【エッチ体験】 - エッチ体験~スケベなエロ体験談告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

同じクラスの女子二人に、露天風呂で手コキとフェラされた【エッチ体験】

僕が中3の時、家族で温泉旅行に行きました。
その旅館は色々なお湯があって、混浴でした。
深夜の2時頃まで、兄貴と卓球をしていたのですが、さすがに疲れてしまったので、兄貴はそこで寝ましたが、僕は「風呂に入ってから寝よう」と思ったので、人気のなさそうな露天風呂に一人で行きました。

中には誰も居なかったので、身体を洗い
すぐ湯に浸かりました。
そこで、脱衣場の方から女の人の声が聞こえました。


そこは、家からも近い場所だったので、
知り合いが来てもおかしくはないですし、
四連休を利用してクラスの女子が、
「休みの日に○○旅館に行かないー?」
などと話していたので、
「まさか・・・・・」と思っていたらそのまさか
同じクラスの裕子と小百合がタオルで身体を隠しながら、入ってきました

「うわぁー、まじかよ」と思っていたら裕子が、
「あれっ、直樹がいるじゃん!!!どーしたの?」と言いました。
僕はちょっと緊張しましたが、心を落ち着かせて
「家族で温泉にきたんだよ・・・・・」と言いました。
裕子は「そーなんだぁ」と言ってましたが小百合は、
「こんな近くに家族旅行に来たの?」
と半ば呆れ顔で笑っていました。

クラスでも可愛い方の裕子と小百合の裸体(タオルで隠してるけど)
を見た僕の息子はかなりビンビンでした。
ですが、たまたま濁り湯だったので二人は気づかずに、
色々な話をしてました。

そこでいきなり、小百合が「みんなオナニーしたことある?」
と聞いてきました。
僕とHは顔を見合わせ、
「何言ってるんだこいつは・・・・・・」という感じでした。
とはいえもう中3。オナニーもしていた僕は、
「まぁ・・・・・・適度にね」と答えました。

そして小百合は「裕子はしたことないの?」と聞きました。
そしたら裕子は真っ赤になりながら、「したことないよ・・・・」
と答えました。
小百合は明らかに疑ってましたがすぐに
「直樹が勃起したらどうなるの?みしてよ」と言ってきました。
僕は「何でだよ。なぁ裕子。」と言うと裕子は
「私も直樹君の見てみたいな・・・・・・」
と恥ずかしそうに言ってきました。

明らかに予想外な答えが返ってきたので、とまどっていると小百合が
「じゃあ私が手でしてあげるから。」と言ってきました。
普段から活発だった小百合ですが、
まさかそんな事を言うと思っていなかったので
ちょっとビックリしながら
「駄目な物は駄目なんだよ!!!!」と言いました。
そしたら小百合が、
「そりゃ私じゃ駄目だよなー。だって直樹は裕子が好きだもんね。」
と言ってきました。

「な、何で知ってるんだ・・・・」と思いながらも
「そんなん関係ねぇーじゃん!!」と怒りながら言いました。
すると小百合が「関係なくないって。だって裕子も直樹の事好きだし、
その裕子も直樹のアレを見たいって言ってるんだよ。」と言いました。
・・・・・・マジで?と思いましたが、
裕子に嫌われたくなかったので、渋々ゆぶねから出て
ギンギンに勃起したイチモツを見せました。

男子の中では、背は普通でしたがアソコの大きさは「国王」と
呼ばれている(マジ)ほどだったので小百合と裕子は、
「すごぉーい」とか「こんなんだったんだ・・・・」など
2,3分観察しながら、僕に
「それじゃあ、触ってあげるね」と言いました。
すると小百合は、僕の息子触りました。

当時女性経験が無かった(当たり前か)ので
小百合が触れた瞬間僕の身体は「ビクン!!」と揺れました。
小百合は「どうしたの直樹?感じちゃったとか?」と楽しそうに言いました。
その光景を呆然と見ている裕子。
今考えれば凄い光景でした。
すると小百合は「じゃあ両手でしごいてあげるね。」といい、
僕の息子を上下にしごき始めました。

小百合が両手を上下させる度に、
「あぁ、やばい・・・・」などと言っている僕。
それをすぐ近くで見つめている裕子。
このシチュエーションに余計感じてしまった僕は、
「ダメ・・・・・・出ちゃう!!」と言いました。
すると小百合は手を止め、「次、裕子やりなよ。楽しいよ。」と言い、
ゆぶねに浸かりました。

「よし!!!裕子がやってくれる。」と思ったのですが。
裕子は何も言わずに、唯僕の息子をじっと眺めてました。
すると小百合は「裕子。もうすぐ出ちゃうからさ。やってあげなよ」と裕子を促すと
裕子は僕の目の前に来て、「・・・・・じゃあするよ?」と言いました。
さきほどから少し時間が経っていて萎びていたのですが、
裕子が触れるとすぐ、僕の息子は全快になりました。

「気持ちいい・・・」と思っていたら小百合が、
「口でやってあげれば?そしたらすぐ出ちゃうって」と言いました。
「・・・・・まさか裕子がそんな。」と思っていると
アソコが生暖かい感触になりました。
慌てて裕子を見ると、裕子は口で僕の息子をしゃぶっていました。
「・・・・さっきまであんなにおしとやか?だったのにどうしたんだ?」
と思いましたが、そんな事考えている内にもう息子は
もう限界地点に達しました。

裕子はもう無我夢中のようにしゃぶっていたので、
僕が出るとか考えてなかったのでしょう。
僕が言う前に、裕子の口の中で発射してしまいました。
裕子は涙目で咳き込み、「・・・・ゴメンね、直樹君」
と言ったまますぐ露天風呂から出ていきました。
小百合は「出るんなら出るって言ってあげなきゃダメじゃん。」
と笑いながら言ってきて、最後に僕にキスをしました。

その日から裕子と話すことは無くなりましたが、
小百合と話す時間はかなり増えました。
それから裕子と小百合とは何もありませんでしたが、
その後僕は裕子の妹と結婚(これもホント)しました・・・・・。




関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エッチ体験~スケベなエロ体験談告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。