教育実習生とヤンチャな男子高校生の恋愛話【エッチ体験】 - エッチ体験~スケベなエロ体験談告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

教育実習生とヤンチャな男子高校生の恋愛話【エッチ体験】

教員免許を取るために
大学生の頃、教育実習生として
母校の高校へ2週間行きました

就くことになったクラスで
初めて挨拶した時1人の男の子と目が合った。

悪戯な笑みを浮かべてこっちを見ていた。

見るからにやんちゃな感じの
男子高校生で手を焼くことになりそうな気がした。

先が思いやられるなと思った。

それが私とHくんとの出会い。


Hくんは野球の推薦で入ったらしく
勉強は全然できなかった。

居眠り、遅刻の常習で
他の先生からも気をつけるように言われていた。

Hくんはクラスの女の子とは
ほとんど話さない反面
私には1日中ちょっかいを出していた。

バカな事ばっかりやっているようで
時々真剣な目をしたり気だるい表情を
見せたりするので私は不覚にもどきっとした。

指導案が出来上がらず帰りが遅くなった日
偶然部活帰りのHくんと同じ電車になった。

田舎の小さな駅で私たちは2人きりになった。

電車が来るまで私たちは
取り留めのない話で盛り上がった。

「先生、いつまでうちの学校にいるの?」

突然Hくんがじっと私の目を見ながらそう聞いた。

「今週いっぱい」

その視線に耐えられず私はHくんから目を逸らした。

Hくんは急に立ち上がって
自販機に向かいジュースを買って一気に飲んだ。

少し余らせて「ハイ。」と言って私に差し出した。

受け取る手が震えないように
自分に言い聞かせた。

幸い何ともないふりをして
ジュースを手にしたが心臓の音が
Hくんに聞こえてしまうんではないかと思うほど
私の胸はどきどきしていた。

飲み口に口をつけた瞬間、
キュンとなるのを感じた。

その夜、Hくんのことを
考えてなかなか寝付けなかった。

次の日からHくんはアイコンタクトするように
私にいつも目で話しかけるようになった。

そしてある日、
Hくんが高熱を出したらしく
保健室にいると担任の先生から聞いた。

両親が忙しいので迎えにも来れないので
保健室で寝かせているとの事だった。

心配になって保健室に行った。

保健室の先生が書類を取りに
職員室に行っている間に
そっと仕切りをあけるとHくんはすぐに目を開いた。

「先生の声がしたと思った。心配した?」

と悪戯な表情で話しかけてきた。

「心配したよ」

と言うと

「エヘへ」

と子どもみたいな顔で笑った。

「先生は教室に戻るね。ちゃんと寝てなよ」

と傍から離れようとしたら急にHくんに
人差し指から小指の先の方をつかまれた。

「先生の手、冷たくて気持ちいい」

と言いながらHくんは自分の首元に私の手を持っていった。

「氷枕、詰め替えるね」

と言って手を離そうとしたその時、
Hくんは私の人差し指の腹の部分を
そっと自分の口元に持っていった。

「もうちょっとここにいて」

私は動けなくなって横にあった
丸椅子にそのままそっと腰をおろした。

そのままHくんは私の人差し指を
唇で挟むような感じで離さなかった。

何だか焦らされているような気分になった

そんな私の気持ちに気づいたのか
Hくんは半身だけ起き上がって
今度は自分の指を私の口元に近づけた。

1分くらいそんな状態が続いて
Hくんは顔を近づけてきた。

キスされるのかと思ったら
私の肩に頭を乗せてきた。

その間Hくんは何も言葉を発さなかった。

ただ私の首筋には熱があるHくんの
熱い吐息だけが感じられた。

不謹慎だけどすごくいやらしい気分になった

私も何もいえないでじっとしていると
廊下から足音が聞こえた。

私は理性を取り戻してぱっと立ち上がり、
Hくんを再び横にして布団をかけた

保健室に戻ってきた保健の先生に

「先生、Hくんのことお願いします。
私、戻ります。」

と言って教室を後にした

何も疑っていないベテランの保健室の
先生のさわやかな笑顔がむしろ
私の中に罪悪感を感じさせた。

小走りに実習生の控え室に
向かいながらどきどきが止まらなかった。

控え室では何ともないふりをしなきゃと
思えば思うほどいつもの私ではいられなくなっていた。

気持ちを落ち着かせようとトイレに行って
ショーツを下ろした時、顔が紅潮するのを感じた。

たったあれだけのこと

自分の目を疑ったけど
そこには私が感じていた跡が残っていた。

その日の下着の色が返って
それを助長していた。

その日結局Hくんは母親が仕事帰りに
車で迎えに来るまで保健室で
寝ていたけど私は保健室にはいかなかった。

残り3日となった実習。

Hくんに会うのが正直怖かった。

最終日に校長先生を含め
たくさんの先生に見て頂く授業のために
私は日々の授業とその反省、
新しい指導案の作成に追われた。

必然的に野球部の練習が終わる時間と
同じくらいまで学校に残っていることになった。

他の実習生もみんな残っているけど
やっぱり電車はHくんと2人だった。

今にして思えば一緒に帰りたいと思って
お互いにその時間を
見計らっていたのかもしれないけど

水曜の帰りもHくんと同じ電車になった。

私たちはまた小さな駅で2人で電車を待った。

Hくんは待合所から出て
人が来る様子がないことを確かめたのか
私の真横に座った。

そして野球部のバッグで隠すようにして
私の手の上に自分の手を重ねた。

驚いてHくんを見たら恥ずかしそうに下を向いて、
少し笑顔を見せ反対側を向いた。

古い駅なので小さな蛍光灯が
数日前から消えかかっていた。

それがとうとうこの日に消えた。

思わずびくっとなった私にHくんは

「大丈夫だよ」

と声を掛けて
非常用という小さな電気をつけた。

その時離した手を
私はもう1度出すことはしなかった。

Hくんは「何で?」と言った。

私が下を向くとHくんは非常用の電気を消した。

そして私たちは初めてキスをした。

多分3秒くらいだったと思う。

私が非常用の電気に手を伸ばした。

そして私は「ごめん。」と言った。

「何で謝るの?俺がしたのに」

とHくんは言った。

「拒まなかったから」

「それが先生の気持ちじゃないの?」

「ごめん。分からない…」

「俺はさ。先生が来た日から全部が変わった。
先生に会いたいから遅刻もしないし
先生の授業だけは居眠りもしなくなった。」


「ありがとう。」

「先生にうちのクラスにずっといてほしい。」

「先生はまだ大学生だからね。」

電車が来たので私たちは乗り込んだ。

乗客は私たち以外にスーツの中年の男性1人が
前寄りに座っているだけだった。

私はわざとHくんから離れて
1番後ろに座った。

でもHくんが淋しそうに
笑いながら私の隣に座りなおした。

今度は手を重ねるのではなく
私の腰に手を回してきた。

Hくんがどきどきいってるのが聞こえてきた。

私もだまってHくんの膝に手を置いた。

どうして高校生の男の子の手の回し方は
こんなにいやらしくないんだろう。

手を重ねた時、肩に頭を乗せられた時の
肌がつるっとしてたのにもどきどきさせられた。

Hくんは腰に回した手を撫で回したりせずに
ただ密着するために手を回したようだった。

「先生、俺、次降りるから」

知ってるよ

と思いながら私は身体をHくんに寄せた。

このままずっとこのままいられたらいいのに、
とさえ思った。

黙ったままHくんは途中の駅で降りていった。

翌日。実習は後2日間。

授業中、Hくんは教科書で
顔を隠しながら私に何か
合図をするような仕草を繰り返した。

私が母校に就いてからというもの
やはり若いけど自分たちより
年上の女性の存在が物珍しいのか
男子生徒たちは

「先生、彼氏は?」

「携帯の番号教えて!」

と話しかけてきた。

こうしてちやほやされるのは
その時限りということは分かっていた。

教育実習生が珍しいだけなのだ。

でもそうしてくれる方が返って楽だった。

Hくんはそういったことを一切言わなかった。

それが不思議でもあり、淋しくもあった。

その日は何事もなくとうとう最終日を迎えた。

クラスの生徒が色紙を回したり
何やらお別れ会の準備をしている気配を
感じたが私は知らないふりをしていた。

たくさんの先生方に見せる授業も
無事にやり遂げ いよいよ最後の終礼を迎えた。

色紙を受け取ってクラス委員から
プレゼントをもらい 泣きながらお礼を言った。

Hくんの視線を感じた

ただ黙ってこっちを見ていた。

クラス全員で写真を撮った。

次々とみんなが駆け寄り言葉を
くれたけどHくんは輪から離れた所にいた。

Hくんはいつも私にちょっかいを出していたので
他の子が気を利かせて「Hも行けよ!」と
言ったのが聞こえたけど
Hくんが来る気配はなかった。

教室を出る時Hくんが消え入りそうな
表情でこっちを見ていた

Hくんのことは気がかりだったけど
教生の控え室でみんなが書いてくれた色紙を見ていた。

私はHくんの名前を探している自分に気が付いた。

「先生、ありがとう。
いっぱい頑張ってたからいい先生になれるよ。
先生のこと絶対忘れない。H」

涙が溢れた

私は控え室を飛び出した。

この時、担任の先生と
最後の反省をした後で教室を出てから
30分は経過していたけど
今ならHくんにもう1度会える、そんな気がしたから

しかし、Hくんは既に部活に向かっていた。

私は拍子抜けして、また少し冷静さを取り戻して
控え室に戻り最後の教生日誌を書き上げた。

そしてクラスのみんなに宛てた手紙を
教室に貼り学校を後にした。

片付けることも多く遅くなり
野球部の姿もグランドから消えていた。

とぼとぼと駅に向かった。

駅の前まで行って私は目を疑った。

そこにはHくんが1人ベンチに座っていた。

「待っててくれたの?」

「…」

「最後まで一緒だったね。」

「最後なんて言うなよ。」

2人の間に沈黙が流れた。

私は思わず

「もう会えないかと思った」

と言った。

Hくんは黙って私の目を見ていたけど、
ふいに私を抱き寄せた。

私も思わずHくんを抱きしめた。

2週間でこの時間帯に
誰もこないということは分かっていた。

だから私も大胆になれたのかもしれない。

Hくんは口元を私の耳に寄せ

「先生」

とつぶやいた。

熱い息が耳元に掛かった。

Hくんが私を抱きしめる腕に
力を入れるたびに唇が私の耳元に触れた。

その度に体が感じてしまい
私も唇をHくんの首筋や鎖骨の上辺りに
押し付けながら熱い息を漏らした。

私たちは2度目のキスをした。

唇を重ねるだけのキスだった。

Hくんが震えたまま何もしてこないので
私は舌をちょっとだけ出して
Hくんの下唇を這うように舐めた。

Hくんがびくっとなるのが分かった。

唇を少し開き、Hくんが舌を
入れやすいように誘導した。

Hくんはぎこちなく舌を入れてきたけど
またそこまでで止まってしまうので私が舌を絡めた。

そこまでするとHくんは
これまでが信じられないくらいに舌を動かし始めた。

Hくんがへっぴり腰な体勢をとっているように感じたので
腰を寄せ密着してみて気づいた。

Hくんの股間がすごく硬くなっていた。

Hくんは恥ずかしいのか
股間が当たる度に離そうとした。
そんなHくんを離さずにわざとくっつくようにした。

唇を離した時にHくんの口から
震えるような吐息が漏れた。

慣れてきたのかHくんはスーツの上から私の胸を触った。

スーツの上からどうしていいかわからずに戸
惑っているようだったので私は思わず
スーツの中のシャツの上にまで手を持っていった。

そうしたらぎこちない手つきで
少し強引におっぱいを触りだした。

Hくんの手つきのぎこちなさと
火照った顔がすごくいやらしく見えて
どうしてもHくんのアレを触りたくなった。

もう戻れないと思う自分と引き返さなくては、
と思う自分が葛藤した。

でもHくんの息遣いを感じながら
下半身に手を伸ばす自分がいた。

Hくんは部活のあとなので
部のジャージを着ていた。

その上からそっと触れてみた。

Hくんはピクンと反応した。

汗なのか感じてるのか湿っている
気がして私も濡れてきたと思う。

そして私はそのままジャージの中に手を入れた。

人が来ないか少しだけ
気になったけどもう止まらなくなっていた。

ボクサーパンツの上から先の方に
人差し指と中指で触れる感じで手を当てたら
今度は汗じゃなくて、
感じてこんなに濡れてるんだと
わかるようなくらい濡れていた。

「先生…」

と私を呼ぶ声がかすれていた。

Hくんは私のスカートをたくし上げて触ろうとした。

その時私も興奮して汗ばんで
ストッキングが張り付いていることに気が付いた。

私が足を閉じたままなので
仕方なさそうにHくんは太ももを触っていた。

内腿の間に手を滑り込ませようとした時、
私もぞくぞくっとして「あっ…」と声を漏らしてしまった。

さすがに外でこれ以上は
無理だと思ったけどHくんの表情から
このままおあずけでは可哀相な気がした。

私はそのままHくんの唇を
自分の唇で塞ぐ様にキスした。

キスしながら下唇を舐めると
息が荒くなっている気がしたので
時々下唇を刺激するようにキスを繰り返した。

キスしながらパンツの上から
握っていた手を離し中へ入れた。

Hくんのはわけがわからないくらい
ぐちょぐちょになっていた。

中に手を入れた時からHくんは声を漏らし続けていた。

女の子みたいなあえぎ声でもなく、
必死で声を押し殺そうとしているような
吐息にも似た声

私は手を動かし始めた。

「あっはああ」

とHくんは意識が飛んでるような表情をした。

すぐに私は一旦手を休めて
今度はゆっくりと袋の裏をくすぐってみたり
裏筋に中指伸ばして合わせるように押し当てた。

Hくんの先から出たものを
擦り付けるように先っぽを人差し指と
中指で刺激し始めた時Hくんが

「先生、出る…」

と言った。

私はもう1度握り締めるように
持ち直し手を上下に動かした。

ヌルヌルが手のひら全体に広がっていた。

Hくんが「ああっ…」と言った直後に
私の手のひらと手首あたりに熱いものを感じた。

Hくんはふらふらと
駅のベンチになだれるように座り込んだ。

私は(夏前だったので)持っていた
タオルで急いで座ったままのHくんのを拭き
化粧ポーチからウエットティッシュを取り出しで
できる限り後始末しようとした。

Hくんのパンツはもうぐちょぐちょに
なってしまっていたので脱ぐように言って
ベンチの端でジャージの下に
野球の練習着の何か(?)を穿かせた。

においがしたらいけないと思い
焦って持っていた石鹸のにおいの
制汗スプレーをかけた。

何事もなかったかのようにできたか分からないけど
私たちは来た電車に乗るしかなかった。

私は県外の大学に行っているので下宿をしていて、
その後、少ない野球部の休みを使って
Hくんが私の所までやって来てしまったりしたのですが
女の先生×男子生徒という関係をもってしまいました。

そして、教育実習が終わってしばらく経ったある日、
パソコンに見知らぬアドレスから
メールがあり開いてみるとHくんだった。

進学の相談などでアドレスを教えてほしいという
生徒が結構いて担任の先生と相談して
最終日にパソコンのアドレスだけみんなに教えたので

メールにはただ

「Hです。△月△日△曜日に
△時△分に△△駅に着く電車に乗ります。」

とだけ書かれていた。

返信しなかったら
Hくんは来ないのだろうか

悶々と考えたが私は

「分かりました。迎えに行きます。
△△口の改札から出て下さい。」

とだけ返事をした。

とうとうその日になった。

今までスーツしか見せたことがないので
何を着ようか散々迷った挙句、
これ以上深入りできないという気持ちも
入り混じって大人っぽい格好で行くことにした。

久しぶりに髪も巻いた。

改札を通ったHくんを私はすぐに見つけた。

「Hくん」

と横から声を掛けた。

Hくんはきょろきょろして
私を見つけ恥ずかしそうな笑みを見せた。

「どこか行きたい所ある?」

と聞いたけどHくんはおそらく
私に会うためだけにここに来たのだろう。

「先生の家に連れてってくれないの?」

「狭いけど…」

と言って私の部屋に向かった。

Hくんは遠慮がちに上がってきた。

「急にこっちに来るなんてどうしたの?
部活は?」

「今日午前は練習だった。
久しぶりに1日半休みになったから」

「せっかくのお休みなのに疲れたでしょう。」

私は冷蔵庫からジュースを出した。

Hくんは最初から泊まるつもりだったようだ。

親は大丈夫かと聞くと
普段から野球部の遠征なども多いし
ほったらかしだから大丈夫とのことだった。

夕食奢ってあげるからどこか行こうかと言っても
先生が何か作ってというので
結局2人で近所のスーパーに行って
ハンバーグとサラダとお味噌汁を作った。

Hくんは美味しいと言って
いっぱい食べてくれた。

お世辞でも嬉しかった。

その後ただただ話をするだけだった。

お互いシャワーを浴びて
私はベッドの隣に布団を敷いた。

「Hくんベッド使って」

と言って私は電気を1番小さくして布団に入った。

10分くらい経っただろうか

Hくんが

「先生、俺もそっちに行っていい?」

と言い出した。

少し迷って

「うん、おいで」

と答えてしまいました。

Hくんがもぞもぞと中へ来て
不自然に離れているので布団が小さく感じた。

「もうちょっとそっち行っていい?」

「くっついてもいい?」

と言いながらHくんは
少しずつ私にくっついて来た

私たちは向き合うような形になった。

「先生、先生が最後に学校に来た
日の帰りの電車のこと覚えてる?」

「忘れないよ…」

「思い出していつも
先生のこと考えて自分でしてた。
先生、先生って言いながら」

「寝よう…明日には帰るんでしょ。」

「先生…もう1回おっぱい触らせて
服の上からじゃなくて」

強引にやろうと思えばできるような
状況なのにいちいち私にことわりを入れる
Hくんを愛おしく思った。

私は寝る時はブラはしないので
そのままTシャツをたくし上げて
Hくんの手を誘導した。

自分で自分の乳首が立ってくるのが分かった。

Hくんはそのまま片方の手で
おっぱを触っていたけどだんだん我
慢できなくなってきたのか私の上に
乗るような体勢になって両手で激しく触り始めた。

なれない手つきで力任せに
触られて正直少し痛かった。

そうこうしているうちに
Hくんは私の胸に吸い付くように激しく舐め始めた。

「待って」

これ以上はだめ、
と止めるつもりが私の口からは

「そんなに強くしたら痛い
乳首が取れちゃうよ…もっと優しくして。」

という言葉が出てきた。

「ご、ごめん。」

とHくんは言って

「こう?こう?」

と確かめるように愛撫しだした。

「き…気持ちいよ」

と私も小さく呟いてあとはHくんに任せようと思った。

Hくんの身体が動く度に
アレが私に当たり私も興奮した。

「先生、おっぱいしか駄目?先生のあそこが見たい」

「見たいだけじゃなくて触りたいんでしょ。」

と私は軽くからかう感じで、
でもできる限り優しくそう言った。

「Hくんが脱がせてくれる?」

と言ったらHくんは

「いいの?」

と聞いて、息を荒くしながら
私のルームパンツを脱がせた。

ショーツまでは下りなかったので
そのまますぐに水色のショーツに手をかけた。

そして一気に引きおろして
私のあそこを見つめ

「はあ、はあ」

と息を荒くして私の顔を見つめた。

Hくんは電気をつけてもっと
見せてと言ったけど恥ずかしいから駄目と言った。

ぎこちなくHくんが私のあそこを触り始めた。

でもどうしていいのか分からず、
割れ目をなぞったり入り口で指を行ったり来たりさせていた。

「Hくんも脱いで。先生だけ裸なんて」

とって私は身体を起こしHくんのことを裸にした。

そしてHくんのあれを握った。

Hくんは一段と息を荒くし始めた。

Hくんが激しくキスをしてきた。

そのまま私は今度は
私がHくんの足の間に顔を埋め口に含んだ。

Hくんは「ああっ…」

と声を出しながら

時々快感を堪えるかのように
布団に掛けた綿のカバーを
掴んでいるのが目に入った。

私はそのまま舌を動かし続けた。

裏筋に舌を這わせ、
あれとアナルとの間の部分にも
舌を這わせ口を窄めて激しく上下に動かしたりした。

「先生っ…先生」

とHくんは私を呼び続けていた。

円を描くように先を舌で強く舐め回した時
Hくんが女の子のような声を上げた。

その姿に私も興奮してより激しく舌を動かした。

「先生っやばい出そう…」

私は激しく吸い付いた。

掴んだあれを離すことなく
上下し舌を動かし続けた。

「あっ…出る…」

そのままHくんは私の口の中で果てた。
肩を上下し震えるように息をついていた。

私は立ち上がって
手を洗いに洗面台へ行き口をゆすいだ。

飲んであげたかったけどそれはできなかった。

戻るとHくんが私を抱きしめてきた。

まだ完全に呼吸が整っていた感じではなかった。

しばらく私たちは無言で抱き合った。

時折、Hくんは抱きしめる腕に力を入れたり
キスしたり私の胸に顔を埋めたりした。

「お風呂入ろう。」

と言って浴槽にお湯をために私は立ち上がった。

Hくんは立ち上がって後ろから抱き着いてきた。

「もっとしたい。」

とHくんは言ったけど私は

「今日はもうお風呂入って寝よう」

と言った。

「じゃあお風呂、一緒に入ろう」

とHくんが言ったので私は頷いた。

お湯が溜まるまでHくんは
甘えるように私の身体を離さなかった。

お湯が溜まったのでシャワーを浴びて
一緒にバスタブに浸かった。

狭いのでHくんが足を開いて
その間に私が足を入れる感じで。

お互いの身体を洗いっこしていたら
Hくんのあれはまた元気になってきた。

私の胸に手を伸ばそうとしたけど

「今日はもう終わり」

というと素直に従った。

下に敷いた布団が
ぐちゃぐちゃになってしまったので
結局2人ともベッドで寝た。

Hくんは色々学校や部活や家の話をしてくれた。

そして私のことを色々聞いてきた。

甘えるHくんが可愛くて
十分に甘えさせてあげながら眠りについた。

Hくんは今がきっと年上の女性に
憧れる年頃なんだろう、
きっとしばらくしたら飽きるんだろうな

そう考えると胸が痛くなった。

でもその後もHくんは部活が
休みになるとよく私の所へやって来た。

就職を控えた私は冬頃に
そのマンションを引き払って地元に帰った。

研修などもあるのでその頃から
会社に行きやすい場所にまた
部屋を借りたのでHくんが来る頻度も増えました。



関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エッチ体験~スケベなエロ体験談告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。