中折れしそうになったけど、頑張って腰を振ってJDの妹と近親相姦【エロ体験談告白】 - エッチ体験~スケベなエロ体験談告白

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

中折れしそうになったけど、頑張って腰を振ってJDの妹と近親相姦【エロ体験談告白】

妹や姉との近親相姦の体験談を見ると
どのケースも相手に対する
恋愛感情みたいなものが常にあるね。

俺の場合は妹に全く
そういうのがないからすごい違和感がある。

といっても嫌ってるとかじゃなくて、
普段は完全に家族の一員としてしか見られない。
 
俺26歳で妹20歳なんだけど、
普通家族の誰かが風呂上り薄着でうろついてたら
なんか気まずいから目を逸らしてしまうでしょ。


妹とは寝てる関係だけど、普段は
やっぱり女の部分なんて目にしたくない。

タンクトップで乳首浮いてるチクポチしてたり、
ダボダボのTシャツで袖から乳首がチラ見えたりすると

「ちっ、そんな格好で家の中うろちょろすんなよ」

と舌打ちしてしまう。

だからセックスに突入するときも、
真っ暗な部屋でじゃないと始められない。

昼間するとか明るい部屋でするとか絶対無理。

俺はリーマンで東京で一人暮らし、
そこに大学進学して妹が転がり込んできた形。

プラリバシーもなくなるし
世話も焼いてやらなきゃいけないし、家賃もらえる
わけでもないからいやだったけど、
実家の助けになるならと引き受けた。

きっかけはJDの妹が初の
合コンから帰ってきた日。

結構楽しかったらしくていろいろ報告してくるので、
俺も大学のときは合コン
楽しんだよという話をしてしばらく盛り上がった。

男にとって合コンなんて

「お持ち帰りできるか否か」

が全てなわけで、
俺もそうだったから

「お前も今日の全員から『あの子ヤれるかな』
って目で見られてたんだぜ、絶対」

といったら意外だったようで、
かなり驚いていた。

「え、じゃあ私は今日エッチする
チャンスを逃したってこと?うわーショック!」

と惜しいことしたもったいない
もったいないとしばらく騒いでた。

寝る頃になってもくそーくそーとうるさかったので

「よっぽどヤりたかったんだな」

とは思ってた。

結局はその夜中に

「どうしてもおさまらないから
ちょっとお願いできない?」

と言ってきた。

猛然と拒否したが相手は酔っ払いだから
騒いで騒いでしょうがないので、
顔はみたくない・部屋は真っ暗にする
挿れるだけで他のサービスはなし
ということでヤった。

話してるときに

「もったいないことしたー」

とふざけて、俺のジャージの股間を
ポンポンと叩いて「コレ貸して」とかも言ってた。

俺も妹との会話でエッチだの
ラブホだの挿れるだの連呼してたので
ちょっとムラムラきてて

「こいつが寝静まったらオナニーしよ」

と考えてて半勃ちしてたので、
妹は触って気づいて「いけるかも」と思ったのかも。

でもいざヤるとなると葛藤は大きかった。

妹いる人は想像してみるといいけど、
妹が全裸になって仰向けに寝て、
ヒザを立てて股を開いているんだよ。

萎えないようにするので必死。

妹の両足の間に入ってチンコに
手を添えて「さて挿れよう」と妹の
マンコなでてみると「クチュッ」と音がして

「うへえ、コイツ濡れてやがる」

とちょっと背筋がぶるっときた。

とにかく早く挿れて早く出して終わろうと、
なるべく妹を見ないようにして
夢中でガシガシ腰を動かした。

我に返ると中折れしそうだったので、
高速ピストンしたり、
力任せに打ち付けてみたり、
深く挿れてぐにぐにとグラインドさせたり、
突く角度や早さを変えたりと、
自分史上最も真剣に腰使った。


10分くらい頑張って

「あー、もうすぐイけそう」

となったときに初めて妹を
見てみると、もう十分仕上がっていたみたいで、
バンザイの格好して頭を
のけぞらして震えてた。

白状すると俺ってセックスへたくそで、
女をイかせるとか滅多にないのね。

だから妹のそういう状態をみて
めちゃくちゃ達成感を覚えた。

嬉しかったから妹に上半身覆いかぶさって、
乳にむしゃぶりついて腰振って果てた。終

わってみれば正直最高に気持ちよかった。

ゴム外してチンコ拭いてタバコ吸ってたら
妹が

「お兄ちゃんってなにげに
エッチ超うまくない?」

と聞いてきた。

「はあ?」

と返事すると、

「かなり激しく
イカされちゃったんですけど」

と笑ってた。

俺はもう賢者モードに入ってたので

「終わったんだから早く出て行けよ」

と妹のお尻をペチッと叩いて部屋から追い出した。

その日はその会心のセックスを
反芻しながらオナニーして寝た。

妹相手にその気になるなんて、
ましてや賢者モードのときにそれはありえない。

最初にも書いたけど、
普段は本当に世間の兄妹と同じ雰囲気だよ。

俺は仕事で朝早くから深夜までいないし、
俺が帰宅した後は妹は自分の
部屋にこもっちゃうしね。

会話もほとんどない。

だからこそセックスできるともいえるのかも。

するときは何日も前から伏線というかフ
ラグを立てていく感じ。

普段はほとんど話さないのに

「仕事忙しいの?」

とか、

「お風呂お湯張ってもいい?」

と妹が聞いてくる。

仕事の話題は

「エッチしたら翌日の仕事に支障ある?」

って意味だし、
お風呂は

「生理終わってるよ」

というアピール。

それでお互いが「Hするぞ」って気になったと
確信ができたら、
妹が俺の部屋にきて近親相姦する。

俺が帰宅したときに既に俺のベッドに寝てるときもあるし、
俺が寝てると妹が入ってくるときもある。

決まりごとというか暗黙の了解として、
部屋は真っ暗な状態にしておくことと、
俺の部屋にくるときは真っ裸で入ってくること。

妹の服脱がすのなんて、
なんとなく照れくさいんだよね。
 
今じゃ挿入しても中折れしないし
ギンギンに興奮して長気持ち良い

でもやっぱり妹に挿入する直前まで
抵抗感がかなりあるんだよなー



関連記事

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit
Copyright © エッチ体験~スケベなエロ体験談告白 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。